バナー

ウォーターサーバーの契約前に確認すべき比較点

安全でおいしい水が欲しいと考えたときにはウォーターサーバーは有用な家電製品であり、レンタルをして使用していこうと考える家庭も多くなってきました。数あるウォーターサーバーの中からどれを選ぶのかということは大問題であり、ほとんどの業者では長期契約を前提としていて変えづらいという事情があります。



そこで契約をする前に比較をすることが重要になりますが、そのときに注意しておきたいのが最低の月間購入量です。

業者によって最低注文量が決まっているため、その量以上を使用することが想定されていないと在庫が溜まっていってしまったりサーバーのレンタル料がかかったりしてしまうという仕組みになっていることが多いからです。
標準的なのは24リットルですが、業者によっては8リットル程度からの場合もあり、一人暮らしで料理には使わないという人の場合にはそういった月間購入量の制限が低いものの方が適しているでしょう。



一方、家族皆で飲むことに加えて料理にも使うという場合には24リットルは十分に超えてしまうため、むしろ水の単価を考えていった方が良いでしょう。こういった二つの比較観点を持つと長い間にわたってウォーターサーバーを使っていきやすくなります。

比較の観点の中でも費用に直結することに加えて、水が無駄にならないようにしていくためには重要になるのが月間購入量と水の単価です。



この二点は必ず比較してから契約を結ぶようにすると良いでしょう。